ZEH普及の取り組みについて

平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」の補助金に関して、経済産業省はその要件としてZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。 「ZEH」ビルダーとして登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみ補助金の対象になります。


ZEHとは

平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」の補助金に関して、経済産業省は、その要件としてZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。「ZEHビルダー」として申請・登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみを補助金対象とする内容です。登録にあたっては全部で5つの要件が求められているので、すべてのハウスメーカー・工務店が登録できるわけではありません。 宮原住宅産業は、平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2020年度までのZEH普及目標・実績、2025年度までのZEH住宅普及目標を公表します。




ZEH【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス】(NearlyZEH)を積極的に推進します。

宮原住宅産業は経済産業省資源エネルギー庁より公表された「ZEH」ビルダー登録業者です。

  • 宮原住宅産業の2020年(R2年)までのZEH住宅普及目標と実績 2025年度(R6年)までの普及目標
年号2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度2025年度
目標 0%10%20%55%70%50%
実績15%60%43%67%20%--

2020年度のZEH建築実績20%でした。宮原住宅産業では『2025年度のZEH普及目標』を50%をZEH住宅にする事を目標としています。

2年連続(2018年、2019年)最高ランクであるZEHビルダー☆☆☆☆☆(五つ星)を取得。

宮原住宅産業は経済産業省が定めるZEHビルダーの登録業者に認定されました。


ZEH住宅施工事例はこちら
PageTop